これまでの地図アプリは目的地までの最短距離を常に探してきました。しかし旅先では最短距離より、観光名所や美しい町並みを歩く事の方が重要ではないのか、よいうことでヤフーの研究所は新しいアルゴリズムの開発に着手そして成功しました。

方法としてはまずロンドンをベースとして、Googleのストリートビューなどを用い観光地を選択しました。その後、実際にアンケートに協力してもらい、どの道が最も魅力的なのかを決めました。

ただしもちろん地図アプリ本来の役割である最短距離の機能を失わない為にも、平均でおよそ12%の回り道に収めることに成功しています。またアメリカのボストンで実験したところ好評だったそうです。

このアルゴリズムを用いたアプリケーションは今後数ヶ月を目標にリリース予定です。しかし季節や時間帯によって美しさが変わったりするため、まだ不完全な所があります。 現在地図のアプリはGoogle一択ですが、この変わった機能を武器にどこまで成功するのか楽しみです。