FirefoxがこれからさらにGoogleと距離を置くことになりそうだ。

既にご存知の通り最近のFirefoxで検索する際には、デフォルトでYahoo!が選択されています。これに加え、GPS(位置情報)もGoogleのサービスではなくなるみたいです。

現在Firefoxでは位置情報を取得する際に用いられているGoogleのサービスがそれを自社製のものに変更するようです。実はモジラ財団はこのサービスを利用するための契約をGoogleと結んでいますが、来月で終わりを迎えるにあたり更新されないことになりました。

現在公開されている安定版では未だにGoogleのサービスを利用していますが、次のバージョンではモジラ特製のものになります。

因みに確かめ方はアドレスバーにabout:configを打ち移動し "geo.wifi.uri"

というオプションを参照することにより確かめることが出来ます。

既に開発者用では

 

https://location.services.mozilla.com/v1/geolocate?key=%MOZILLA_API_KEY%

 

となっており変更されていることが確認出来ます。 因みにFirefoxとGoogle関連では「Firefoxで何をダウンロードしているか、Googleに知られない方法」という記事も紹介しています。